響~小説家になる方法~ 1

マンガ大賞はまったく信頼できない」とまあAmazonレビューがとにかく大荒れの作品であるが「これもまた歯を食いしばらなくてはならないのか」と結構な覚悟で中身を見たのだが、

「そこまでひどくはない」

というのが第一印象。その理由は「主人公が一貫してズレている」からそこまで破綻していないのである。

この前のエントリーの「授業妨害」が腹立たしいのは、

授業を妨害する→叱責される→謝罪する→また妨害する

というサル未満の知能を読者に見せつけるから腹立たしいのである。
謝罪しておいてまた即座に授業妨害するとかサル未満以外の何物でもないのだが、一方こちらのこの主人公の場合は挑発される、というトリガーがあってからの過剰反応でしかもその過剰反応が一貫しているからそこまで滅茶苦茶には見えないのである。
まぁ、スカートめくられてバーカと言われただけで暴行に走るのは如何と眉をひそめる人がいるのもわかるが、程度の度合いであってじゃあキックじゃなくてパンチならいいのかとかビンタならいいのかとキリがなくなってくる。

はい擁護終わり。で、これが面白いかどうかというと

1巻だけではなんとも言えん

で終わり。ただし続きは別に気にならない。(ギャフン)

子どもの頃、やっておけばよかったものを

つい自分のこどもにさせてしまうものなのだろう。

英語が苦手だったからと早めに英語の塾に通わせるママもいれば、

中学時代は有名なワルだったパパさんが

息子をせっせと塾に通わせたりするのを聞くと微笑ましくなる。

私も子供時代に習い事が多く、ソロバン、ピアノ、書道と

練習がいる習い事ばかりで遊べないし、

練習もしないから上達しない、と散々だったので

我が家の子どもたちは習い事1つ、ピアノだけ。

英語にダンスにスイミングに空手にサッカーと各種ある中で

「息子君にもピアノ?」と驚かれるけれど、

せっかくピアノを買ったんだもの、3人みんなピアノ!とピアノ。

3人ピアノを習っていて、ピアノが1台しかないのに

「私が練習する!」「僕が練習する!」とピアノの取り合いに

なったことがないんだから不思議。

1冊の本を何か月かけて弾くの?と驚きのコストパフォーマンス。

ピアノに勝る習い事はないかもしれない。

そして、もう一つ、苦手だったから、つい子どもたちに

与えてしまうものがある、それは理科。

どうも興味を抱くことができず…という思いがあるので

こどもたちには関心を持ってほしい、と思ってしまう。

最近、買った本が子どもたちに大好評だった。

「好奇心をそだて考えるのが好きになる

科学のふしぎな話365 (ナツメ社こどもブックス)」

ヒトとゴリラのDNAの差が98.25%だとか

ナマズが地震を感知するか、

夜空の星の色の違いは何を意味するか、

クモはなんで自分の糸にくっつかないか、

といった子どもの好奇心をくすぐる内容が1ページであっさりと

説明してある。

寝る前に子どもたちに読み聞かせすると、

「ヒトとゴリラのDNA差はたった2%って、あの毛?」

「地震予知のために我が家でもナマズ飼う?」

とものすごく盛り上がって、話し合うほど。

小学生の娘や息子は学校で話したり、図書室で調べたりと

その後も本で調べたりしているようで

興味を持つ取っ掛かりとしては、とてもよくできた本だわ~と

感心している。

このまま理科好きでいてほしいわ~と「理科を楽しい!」と

娘が話すのを聞きながら思った。


にほんブログ村

2016/01/31の夕食

2018/04/09

今日は、ふらっと寄ったスーパーで、トラウトサーモンがなんと「1切れ100円」のタイムサービスに遭遇しました。魚担当の方がその場で切り売りするスタイルですね。

奥様と、「これ4切れ買おうよ」と意見が一致し、購入しました。

f:id:TOMOYASU:20160211171347j:plain

 4切れ中、2切れはカマとしっぽに近い部分だったので、ソテーにしました。

それでも大きかったので、フライパンが混雑して大変でした。 

どの料理も美味しかったです。

【7月7日】 K45  赤い蛇  黄色い太陽  音6

こんにちは!マヤ暦ライフクリエイター ☆山下千草です。
いつも当blogをお読みいただき有難うございます。 

f:id:mayamuluc249:20170707083343j:plain

 

太陽の紋章は「赤い蛇」の日

今日は顕在意識に「赤い蛇」のエネルギーが影響します。

キーワード「血と情熱」「真実を暴く」「コントロールの力」「本能」。

感情と欲望のコントロールが大切です。

非常に高い集中力と、情熱的で努力家のエネルギーです。

自分の気持ちに正直に勇気を持って行動しましょう。

頑張りすぎたときは、焦らずゆっくり休むこと。質のいい睡眠を心がけてください。

「黄色い太陽の13日間」6日目

音6の日。「平等な組織」キーワード「尊重」

マイペースに進みながらも周囲を尊重しましょう。

活発に動くことが大切です。

目上の方への敬う気持ち、人の意見を尊重することを意識しましょう。

与えること、受け取ることのバランスに配慮してみる。

人間関係も距離感を大切にしてください。

 

 黄色い太陽の13日間の詳細はこちら↓↓↓

www.mayareki-muluc.com

----------------------------------------

照合する易が今日から変わります。

今日、KIN45を含む・・・KIN45~KIN48は

 

『山天大畜(さんてんたいちく)』

 

小を積んで大となす卦。

大きなことを成そうとするためには、自分の力を大いに蓄えなければなりません。
体力、精神力、物質的なものも、充分な準備をして、その上で行動しましょう。

貯蓄、勉強は効果大です!

面倒なことこそやってみましょう。

停滞のあとの上昇☆

三次元的な生き方ではなく 、宗教的な生き方が良い。

-----------------------------------------

九州北部の大雨で被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

今日は七夕です。せめて明るい意識の波動を福岡、大分の方々に送りたいと思います。早急な収束を願って!

今日の、日めくりっ、

“七夕をたのしむ”

子どものころに戻ったような気持ちで、今日は短冊に願いごとを書いてみます。無邪気に陽気に純粋な気持ちで書いてみて!笹を採ってきて飾るのもオツなもの。

六曜:赤口 午前11時〜午後1時のみ吉

小暑 温風至(あつかぜいたる):暑い季節に入り梅雨の明けるころ。あたたかい風が吹いてくる

ユニヴァーサル・デイ・ナンバー:6 

慈愛に満ちた日。

利他的になって行動すると何か恩恵を得られることも。弱い立場の人のサポートやボランティア活動にもよい日。

f:id:mayamuluc249:20170707085413j:image

 

インラケッチ!今日も素敵な一日をお過ごしください♪

 

  \マヤ暦セッション・お茶会・講座承ります/  

www.mayareki-muluc.com

 

 

 \LINE@で13日間ごとのエネルギーを一挙掲載/  

  • 主に13日間のウェイブスペルごとに発信

  • 13日間の過ごし方、KINナンバーのエネルギーを13日間分一挙掲載

  • 随時、特別なKINナンバーの日のお知らせ等

スケジュールにお役立てください 

ゼヒ、友達登録してくださいね☆

 

友だち追加

 

  

マヤ暦ライフクリエイター☆山下千草

------------------------------------------------

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

mayamuluc249☆gmail.com

☆を@に置き換えてください

 

 

iOSでgrabCutを使う機会があったのでやってみました.

自分はgrabCut自体は知っているのですが実際にOpenCVから使ったことがなかったためiOSでOpenCVを使うというのとgrabCutを利用するという2つのチャレンジをしました.

 

(1) まずOpenCVの導入・動作

[1]まずネットからOpenCVをDL.2014/09/05の段階で最新はOpenCV3.0ですがα版なので2.4.9をDLします.

DOWNLOADS | OpenCV

の2.4.9 for iOSをダウンロードしてください.

 

[2]次に適当にxcodeでプロジェクトを作り,左の一覧から自分のプロジェクト名をクリックした後,中央の画面の一番下にあるLinked Frameworks and Librariesで+を選択し先ほどDLしたOpenCVのフレームワークを選択.

 

[3]同じく左の一覧からSupporting Files/(自分のプロジェクト名)-Prefix.pchを選択し,

#ifdef __cplusplus

#import <opencv2/opencv.hpp>

#endif

を最後に追加.

 

[4] opencvを使いたいファイルの拡張子を.mから.mmに変える.ViewController.mmとか.これでOpenCVが使えます.

 

(2) grabCutの利用

ネットに落ちているコードを継ぎ接ぎしたり,

OpenCVのリファレンスとサンプルコード:

opencv/grabcut.cpp at master · Itseez/opencv · GitHub

を参考にして作りました.

----

// UIImageとして読み込み,その後cv::Matに変換

cv::Mat srcMat = [self cvMatFromUIImage:[UIImage imageNamed:@"0919.jpg"]];

    cv::Mat dst;

   //今回はひとまず矩形領域だけで全景領域切り出す.

   //なのでこのマスクは初期化の必要なし

    cv::Mat mask;

   //これは反復演算のときに使われるらしい

   //同じ画像に対して同じ行列を使うということだけを意識すれば初期化不要

    cv::Mat output1,output2;

   //矩形領域 これより外側は背景として扱われる

   //ここではパンイベントを取って矩形領域を指定するメソッドを別に書き,

   //それをもとに矩形領域を設定

    cv::Rect rect(cv::Point(self.leftUp.x,self.leftUp.y), cv::Point(self.rightDown.x,self.rightDown.y));

   //ネットに落ちてるのはRGBA画像なのでRGBに変換

    cv::cvtColor(srcMat , srcMat , CV_RGBA2RGB);

    dst = srcMat.clone();

 

    rect.x = (int)fmax(0, rect.x);

    rect.y = (int)fmax(0, rect.y);    

    rect.width = (int)fmin(rect.width, self.imgView.image.size.width);

    rect.height = (int)fmin(rect.height, self.imgView.image.size.height);

 

    cv::grabCut(srcMat, mask, rect, output1, output2, 10, cv::GC_INIT_WITH_RECT);

 

   mask &= 1;

    for (int w=0;w<mask.cols;w++){

        for (int h=0;h<mask.rows;h++){

            if (mask.at<uchar>(cv::Point(w,h))==0){

                dst.at<cv::Vec3b>(cv::Point(w,h))=0;   

            }

        }

    }    

    self.imgView.image = [self UIImageFromCVMat:dst];

----

変換コードはネットに落ちているものをそのまま使わせて頂きました.

/*****/

- (cv::Mat)cvMatFromUIImage:(UIImage *)image

{

    CGColorSpaceRef colorSpace = CGImageGetColorSpace(image.CGImage);

    CGFloat cols = image.size.width;

    CGFloat rows = image.size.height;

    

    cv::Mat cvMat(rows, cols, CV_8UC4); // 8 bits per component, 4 channels

    //cvMat.convertTo(cvMat, CV_8UC3);

    CGContextRef contextRef = CGBitmapContextCreate(cvMat.data,                 // Pointer to  data

                                                    cols,                       // Width of bitmap

                                                    rows,                       // Height of bitmap

                                                    8,                          // Bits per component

                                                    cvMat.step[0],              // Bytes per row

                                                    colorSpace,                 // Colorspace

                                                    kCGImageAlphaNoneSkipLast |

                                                    kCGBitmapByteOrderDefault); // Bitmap info flags

    

    CGContextDrawImage(contextRef, CGRectMake(0, 0, cols, rows), image.CGImage);

    CGContextRelease(contextRef);

    //CGColorSpaceRelease(colorSpace);

    

    return cvMat;

}

 

- (UIImage *)UIImageFromCVMat:(cv::Mat)cvMat

{

    NSData *data = [NSData dataWithBytes:cvMat.data length:cvMat.elemSize()*cvMat.total()];

    CGColorSpaceRef colorSpace;

    

    if (cvMat.elemSize() == 1) {

        colorSpace = CGColorSpaceCreateDeviceGray();

    } else {

        colorSpace = CGColorSpaceCreateDeviceRGB();

    }

    

    CGDataProviderRef provider = CGDataProviderCreateWithCFData((__bridgeCFDataRef)data);

    

    // Creating CGImage from cv::Mat

    CGImageRef imageRef = CGImageCreate(cvMat.cols,                                 //width

                                        cvMat.rows,                                 //height

                                        8,                                          //bits per component

                                        8 * cvMat.elemSize(),                       //bits per pixel

                                        cvMat.step[0],                              //bytesPerRow

                                        colorSpace,                                 //colorspace

                                        kCGImageAlphaNone|kCGBitmapByteOrderDefault,// bitmap info

                                        provider,                                   //CGDataProviderRef

                                        NULL,                                       //decode

                                        false,                                      //should interpolate

                                        kCGRenderingIntentDefault                   //intent

                                        );

    

    

    // Getting UIImage from CGImage

    UIImage *finalImage = [UIImage imageWithCGImage:imageRef];

    CGImageRelease(imageRef);

    CGDataProviderRelease(provider);

    //CGColorSpaceRelease(colorSpace);

    

    return finalImage;

}

/*****/

 

スクンビット・ソイ11/1のホテル

 

国:タイ
都市:バンコク
エリア:スクンビット、ナナ
通り:スクンビット・ソイ11/1
最寄り駅:BTSナナ駅

 

bangkokryokou.hateblo.jp

bangkokryokou.hateblo.jp

bangkokryokou.hateblo.jp

bangkokryokou.hateblo.jp

 

 

 

BIGBANGの映画「BIGBANG MADE」の公開が決定!“10周年プロジェクト第1弾”


f:id:gayeong:20160601203658j:image

6月30日公開。
発表された本日、TOPの入隊に伴い5人で話した結果、同伴で入隊するという記事が。
YGはすぐさま否定、ジヨンとヨンベのソロアルバムの予定があると明かしましたが。

その前に韓国でMADEアルバム発売されてないから!まだ。

でも、5人早く揃いたい、で活動したいっていう
本人たち、かわいいな。
兵役後のグループは大変みたいだから心配だけど、
2年間の兵役で誰もいない時期を作るって、
かなりの勇気だと思うけど、
BIGBANGなら出来るのかも。
ま、個人的には、1-2-2であまり間を空けず、
誰かがいる状態かなって思うんですが。

TOPは映画じゃなくてドラマにしてほしかったな。
ゆっくり見て待ってられるし。

f:id:gayeong:20160601204252j:image
やばい、クォン。


今通っているジムは、阪神尼ケ崎駅近くのルネサンスというジムでよくよく思い出してみれば、

北九州小倉北区の駅近くにもあったことを公式HPを眺めていて思い出しました。


当時はまさか自分が通うなんて思ってもみなかったので未来の予測なんて無理だなとこういう点からも感じるのです。


さて、今日つい先ほどまではジムに行こうかと迷っていました。


多少、体つきが変化してきたのもありそしてまた、自分のお金で通っているのもあり月曜日以外はなるべく行きたかったのです。


ただ、風邪で喉をやられたのとどうも体が重くあまり気持ち的には気乗りしないのが続くため、

思い切って休むことにしました。


今日も夜勤で朝帰りだったのも多分影響しています。


自分がお金を使って通っているからという気持ちは他の事でも言えると思います。


予備校、料理教室、武道やスポーツと例を挙げるときりがありません。


ただ、あすの午前中はまあ時間があるし、

そう考えると、今日は大人しくしている方が良いかなと考えたのです。



食べ放題でもとっくに満腹中枢に達しているのに食べ続けるのは中学生で終わりにした方がいいです。

みっともないのもありますが、何処かで体内にダメージが蓄積しています。

今度は医療費で出ていくかも。



元をとらないとという考えが元凶な気がします。


でも、その考えだと案外元を取れないようにも思えてきたのです。


ただ、今こうして記事を書いていても休むことに罪悪感はありません。


明日にいこうという気持ちがあるので。


結構、人の体というのは気紛れを起こすので今まではその事で結構いらついていましたが、

これが普通だと考えるようになった時にあまり妙な迷いがなくなりました。



休めないイベントや仕事もあるかもしれませんが、休むことが何なのか今一度考えてみるのも長い目で見て大切かと思います。



これもまた自分で考えて、解答を見つけないとならない課題だと思います。

ReservedInstance購入における注意点

AWSでEC2などのRI(ReservedInstance)を購入する際に下記を指定する必要があります。

  • プラットフォーム
  • インスタンスタイプ
  • アベイラビリティゾーン
  • 期間
  • テナンシー
  • 提供タイプ

若干注意すべき点はアベイラビリティゾーンでしょうか。実際にインスタンスを立てようとしているアベイラビリティゾーンのRIを購入しないと、構築したEC2インスタンスに対してRIによる値引きが適用されないということになってしまいます。

f:id:kasshy06:20160205102854p:plain

f:id:kasshy06:20160205102858p:plain

f:id:kasshy06:20160205102903p:plain

購入方法自体は簡単で、条件を入れて検索してカートに入れてポンでおしまいです。

ReservedInstance購入時に「InsufficientReservedInstanceCapacity」エラーが発生

リザーブドインスタンス購入時にカートに入れるまでは出来たのですが、一部のインスタンスタイプにおいて、

エラー: Insufficient capacity (Service: AmazonEC2; Status Code; Error Code: InsufficientReservedInstancesCapacity; Request ID;xxxxxxxxxxxxxxxxx)

というエラーが発生し、RIが購入できない場合がありました。 これはRI購入対象のアベイラビリティゾーンにおいて指定したインスタンスタイプのリソースがその時間帯に不足している場合などに起こるようです。

翌日に再チャレンジしてみると普通に購入できました。

 ナダルのチャレンジが失敗に終わった瞬間、フェデラーは小躍りするかのようにピッチを何度もジャンプして、グランドスラム5年ぶりの優勝の味を嚙み締めた。

 その後、ベンチに座り、目に涙を浮かべ、今までの苦労や、うまくいかなかった事、そして今大会の歩みなどを思い出して思う所があったのでしょう。

 試合が終わり、表彰式のセレモニー。

 安堵した表示を浮かべるフェデラーに対し、硬い表情を崩さないナダル。どちらも終始笑顔で和やかだったウイリアムズ姉妹の時とは対照的です。しかし、それもそのはずで、ナダルは勝てた試合を手放した印象があったファイナルセットでした。

 第4セットの流れから第5セットファーストゲームをブレークし、後はフィジカルの勝負でフェデラーの反撃を防いでキープ所を逃さなければ、、そんな展開だったはずです。

 しかしフェデラーが「最後まであきらめなかった」という言葉通り、エラーになろうがライジングショットを止めず、常にラインの後方にナダルを立たせて攻め続けた結果、ナダルが守備力を発揮しきれなかったという事でしょう。

 それでも、もっとできたはずとナダルは悔やむのは仕方のない事です。

 

勝者を讃えるナダル

 しかし、スピーチが始まればそこはプロフェッショナルなナダル。

 準優勝プレートを掲げた時に、今回は仕方ない、これが結果だと自分を納得させるように首を何度も縦に振り、観客の声援に応えた。

 「ロジャー、その関係者、おめでとう。凄い試合で、久しぶりの試合とは思えないプレイだった。本当におめでとう」

 「私は、この1か月、ブリスベン、シドニー、そしてここメルボルンでの時間を過ごしましたが、とても楽しい時間でした。どこにいっても素晴らしく、素敵な国です。」

 「今回の出来事は忘れられない出来事になるでしょう。苦しい試合もあり、コンディションを整えるのには苦労しました。しかし、決勝でこのような試合ができて嬉しいです。まぁフェデラーの方が上回ってしまいましたが(笑)」

 「しかし、これからも努力を重ねるのみです。困難はまだまだ待ち受けてそうですがこれからも頑張ります」

 「素晴らしいシーズンを過ごして、また来年ここに戻ってきたいと思います。(笑顔で)こちらのプレートも素晴らしいですが、次はベターなトロフィー(優勝トロフィー)を頂きたいですね」

 「ありがとうございます。チームのみんなも沢山の努力を払ってくれました」

 「家族、友人、応援してくれた方、スポンサーの方々もありがとうございました。そして・・KIAモーターズさんは私のスポンサーでもあるので感謝してます(笑)」

 「次はロジャーのトロフィー授与です(笑)。ありがとうざいました」

 

 節々に悔しさを滲ませながらも各方面に感謝の意を示し、最後はスポンサーを立てましたね。プロフェッショナルな模範ですね。

 

優勝 ロジャーフェデラー スピーチ

 「ありがとう。ラファが素晴らしい言葉を沢山いってくれたので、私もラファにおめでとうといいたいです」

 「二人とも決勝の場で会えるとは思ってなかったでしょう。ましてや4,5か月前では考えられなかった事です。ラファが準優勝できてうれしいです(ここで微妙な空気が・・・)」

 「(言い直すように)テニスはとてもタフなスポーツです。noドローなスポーツです。もしも、ドローな結果があるとしたら、共にその結果を分かち合いたいものです」

 「お聞きの皆さん。私も含み、誰もが頂点を目指し努力します。ラファもそうですし、伝説の選手もそうですが、私もチームに感謝を述べます」

 「ここ半年は今までのテニス生活で違った期間でしたが、チームやその周りの人が支えてくれました。本当にありがとう」

 「そして、ラファのチームも同じように大変な努力を払い支えてくれたに違いありません。ですから、ラファは今後も頑張り続けなければなりません。彼はテニス界に必要とされています」

 「スポンサー、及びロットレーバーさんも本日はありがとう。いてくれるだけで存在感があります。」

 「そして、今日来てくれた観客ありがとう。あなた方の声援でもっと頑張らなければならないと思うようになります。そして、何年もこの雰囲気を続けてます。本当に素晴らしい事です」

 「本当にありがとう。また来年もここでお会いしましょう」

 

 スピーチが終わった後、トロフィーとプレートを持ちながら互いが言葉を何度も交し合っていた姿も感慨深いものがありましたね。

 美談として語られてる「引き分けがあったらお互いで勝利を分かち合いたい」という言葉については、その前に「ラファが準優勝を飾ってハッピー」という言葉に対しての補完としてフェデラーが考えてたスピーチではないかと思います。この言葉がなければ、単なる嫌味と取られてもおかしくないですからね・・・。

 ナダルのようにウイットなジョークを見せるのではなく、言葉のインテリジェンスで盛り上げるという所も面白いスピーチだったかと思います。

 

昨年の怪我の時どんな事を考えて、どのように過ごそうとしたか

 フェデラーは怪我と無縁という言葉も聞かれましたが、決してそんな事はなかったです。ただ重度の怪我にはならない。あるいは、それに近い状況になってもテニスへの情熱から踏ん張って大会に出場してきました。

 この20年近い年月そのようにして簡単ではないテニス人生を送ってきたので、この半年程の離脱に関しては時間的に大したことはないと自分に言い聞かせてリハビリに励んだ模様です。

 それに例えテニスに復帰できなくても、リハビリの努力が報われなくても、その時は家族との時間を大事にできる。どのような未来が待っていても何も心配はいらない。だから最善は尽くす。そう言い聞かせていたという事です。

 それもあって、今回の全豪オープンの1回戦で、

 ・テニスコートに入る際の観客の声援を聞いた時、

 ・マッチポイントを握った時

 ・マッチポイントを取った時

この感動は「3つの重要な要素」として心に刻まれてると言っています。

 フェデラー程の選手でも心の中にネガティブな思いは沢山駆け巡っていたのは容易に想像ができます。それらに対して負けない。あるいは、そういう恐れを認めた上で前に出る気概は失っていませんでした。

 あきらめたら試合終了という、某漫画の有名な言葉がありますが、彼も疲労が顕著に表れた第5ゲーム目のファーストゲームをブレークされた時、かなりの落胆があったでしょうが、それであきらめなかった事が最終的な勝利につながりました。

 

フェデラーの口から語られた錦織選手に関して

 4回戦で当たった錦織戦に関しては、まずは自分の試合の入りの印象の反省点を口にしていました。

 錦織の入りがよいせいか、そこで自分の本来のペースを失ってしまい、体力を使いすぎたといっています。5セット目になってようやく自分のペースに出来たといってます。4セット目まではそれほど出来に満足ではなかったようです。

 そして、気持ちの強さ、及び戦い続ける体力を2週間持続できるかが課題だろうと言っています。その強さを見せつければ2,3年のうちにはチャンスがあるとも。

 

 逆に言うと、あと2,3年程しかチャンスはなく、しかも早いうちに2週間戦い続ける体力を身に着け、メンタルも向上させないと難しいとも取れます。キリオスやズべレフ当りが台頭したら難しいという感じなのでしょうか。

 ただ、今回の全豪で言えば、錦織選手のメンタルは大きく向上が見られました。あの第4セットの挽回の仕方は見事でした。

 フェデラーが言いたいのは、4セット目で挽回できたのなら5セット目に差し切る体力も残さないといけないという事なのでしょう。実際その体力は残っていませんでした。

 あるいは、そういう試合のペース配分の事を指してもいます。フェデラーが錦織戦では体力のペース配分を誤ったと言ってますが、そういう部分をもっとシビアに求めるという事でしょうか。これは、錦織戦終わった時に言及はしてますが、フェデラーの試合ペースは見事と思っていたので、まさかフェデラーがペースを間違えていたなんて思わなかったですからね。

 

熱意を失わないフェデラー

 この決勝が始まる前は「たとえテニスコートに戻れなくなってもこの試合に掛ける」と決意を語ってましたが、セレモニーの際では「また来年もこのコートに戻ってきたい」と意欲を語っていました。

 今回優勝した事により、やり遂げたというよりも、もっと試合をしたいと思わせられたのでしょうか。

 もうすぐ36歳となる中、元々のプレイスタイルもあり、テニスのプレイ強度もテニスへの情熱もまだまだ落ちないと予想されるフェデラーの今後に期待です。