宮城県栗原市の、この活動の元気なボンドガール達とそれをサポートし始めた夫軍団(まだ軍団には至っていませんがそのうちなるでしょう)によって、栗原市の兼業農家が知恵と行動力で、栗原市ならではの里山資本主義を立ち上げます。

このスタートのきっかけになるのが、アートテンテクノロジーの農産品やそのテクノロジーの必要性を解きながら、食育や今の子どもたちそして親の生き方の変革のきっかけになればと、全国中を駆け回る、ジャニーズホニャララの母でもある木村方子さんの朗読会です。

僕ら凡人は、あの有名な息子さんのお母さまと、そこにツイツイ着目しますが、この活動に入られるきっかけは、ご本人が営んでいたイタリアンレスランでの食材から、遺伝子組み換えなどの命への影響を、見過ごしてはならないと本気で、それもつるまないで自ら先ずは個で行動されておられる方です。

僕のこの活動にも多大なボンドガールとしての、引っ付け役を自らかって下さり、僕と妻は魂の姉としてお付き合いさせて頂いております。

そしてこれをきっかけに、栗原市で日本古来のハーブをアートテンテクノロジーや、宮嶋先生の炭素埋設技術のお力を借りながら、我々森と水源地の縄文トラストも、マグナム会とは兄弟のように一致団結して、里山資本主義の新たな場を構築して行きたいと思っています。

此れは、日本では保存食としては当たり前な古来のモノを、北面の状況の気候条件に今後なっていく陰のエネルギーの時代にあわせて、そこでこそ育つサンピンから世界に秀でる、日本のハーブのアロマオイルなどを世にだして、うちの会員さんにも沢山いらっしゃるセラピストと、それに使う新しいハーブを共に開発して、効果のデータを蓄積しながら、地域を越えて主婦層で全国に繋がっていく、農場を開いて行きましょうという運動です。

僕が持っているヨーロッパ市場に参入で来る製品開発であります。

そして、それで兼業農家さんの耕作放棄地を守るのです。

そして、そこにお手伝いにこられたサポーターさんには、耕作放棄地で皆でお米も育てそれは市場にのせないで頂くシステムも稼働させる。

国が米を飼料主体にして、またまた金だけ回す事に、僕らなりの創造で対抗する。

市場に載せないで、緊急時の為に200%の自給率を準備していく。

そしてアロマオイルなどから、本質に戻って加工品を復興させる。

陰の時代の発酵食品の輸出です。

それは、特に今後アメリカ大陸など陽のエネルギーの場は寒冷化の身体への影響が顕著に出てきます。

山菜、チーズ、味噌、梅干し、醤油、納豆、押し寿司、ビネガー、ボルドーワインなど、北面でジックリ時間をかけて熟成したものが、体の電位を高めるために大変必要になります。

僕はそのプランを引っ提げて、方子さんのお話し会に参加します。

そして此れは、全部の家庭を利用して、家内興業で作りそれをブレンドして製品化する。

この前、新潟の居酒屋のSOIさんの料理長カズヤさんが言っておられた、沖縄の泡盛のブレンドスタイルです。

此れは響命連鎖の時代にはピッタリです。

皆の想いをブレンドして、マグナムになってしまう。

これからの生き方です。

陰の時代に必要なそれぞれの場を活かして繋ぐ。

このきっかけの会を是非とも皆さまと、共有したいのです。

出来るだけ定員100名をその意味でも目指したい。

会に人を集めることで終わるのなら意味がない。

それがプロローグなるから面白いのです、

そこからこんなことになっていったと、後々思い返してもワクワク出来るプランと仕掛けが、長続きして活動を成仏させる為の絶対の条件です。

どうでしょうか、僕の活動を応援してくれている、知的なトムクルーズアウトローの神様S社長、栗原にこれる場所の各店舗にポスター張らせてくれませんか。

内容は此ですが本番までの二週間前に、張らせてくださればありがたいです。

社長のセンスを導入して、ポスターつくってくれたら更に、響命が生まれる、

ソロソロ社長奥さまをマグナム会に繋げたいし。

方子さんに繋げたい、

とってもベストなアテルイの計らいかと、S参謀の部下でもある僕は思っています。

ひとつご協力お願い致します。




さて僕の絵本は4月23日に発売です。




そして黒伏山の山頂をアップで撮って来ました。

電位を凄いエネルギーで増幅する、人を寄せ付けない常磁力のお力を感じ取って下さいませ。




雪の晴れ間にスッと現れた昨日の黒伏山でした。