ライブでは基本立ってプレイするもので
家での練習も基本は立ち。

そんなわけで、僕にとってアコギに欠かすことのできないアイテムと言えば
ストラップ。

このストラップというアイテムは、
アコギの弾きやすさに影響するのは言うまでもなく
その見た目や肩への負担など、色々な要素で影響を与えるアイテム。

その中でも多くのアーティストが一番気になるであろう

『弾きやすさ』

という点において、僕が使っているもので考察を。

【送料無料】K.YAIRI KYS-3300/BR アコースティックギター用ストラップ fs3gm

【送料無料】K.YAIRI KYS-3300/BR アコースティックギター用ストラップ fs3gm
価格:2,800円(税込、送料込)



【送料無料】LIVE LINE LA3000CHO ギターストラップ アコースティック用 fs3gm

【送料無料】LIVE LINE LA3000CHO ギターストラップ アコースティック用 fs3gm
価格:2,780円(税込、送料込)



【送料無料】LEVYS M8HT-16 ギターストラップ レヴィース ジャカード織 ギターストラップ fs3gm

【送料無料】LEVYS M8HT-16 ギターストラップ レヴィース ジャカード織 ギターストラップ fs3gm
価格:2,820円(税込、送料込)



一番上が「K.YAIRI」の革製(やわらかめの革)
真ん中が「LIVELINE」の革製(硬めの革)
一番下が「LEVYS」の布製(ジャガード織)

この三つの中で一番プレイしにくいのはどれか?
結論を言えば真ん中の硬めの革の「LIVELINE」が一番弾きにくい感じ。

硬い革の「クセ」の影響なのか、弾いていると
アコギがトップのピックガード側が前へ浮き、反りかえるような感じに。
自分のベストポジションを保つために、反りを正すのに気を使います。
なので、ライブではほとんど使用なし。
見た目はシンプルながら、一番上質に見えるだけに非常に残念。

次に弾きにくいとすれば、迷うところですが一番下の「LEVYS」の布製か。
これは硬さによるものではなく、肩にあたる部分の裏地の問題。
ナイロンの裏地がプレイ中に滑ることにより、時折位置の修正が必要。
自分でライブ動画を見ると、肩を動かしながら修正しているのがわかります。

といったところで一番弾きやすく
実際ライブとなれば、連れていく肩とアコギの相棒と言えば

「K.YAIRI」の革製(やわらかめの革)

見た目で言えば、一番地味で普通っぽいコレ。
まさしく寡黙な職人のように、目立たないながら

いい仕事

をしてくれるストラップであります。